Miz牧師の説教庫

聖書からのメッセージの倉庫です

圧倒的な勝利者

Rom8:31-39

8:31 では、これらのことからどう言えるでしょう。神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。

 8:32 私たちすべてのために、ご自分の御子をさえ惜しまずに死に渡された方が、どうして、御子といっしょにすべてのものを、私たちに恵んでくださらないことがありましょう。

 8:33 神に選ばれた人々を訴えるのはだれですか。神が義と認めてくださるのです。

 8:34 罪に定めようとするのはだれですか。死んでくださった方、いや、よみがえられた方であるキリスト・イエスが、神の右の座に着き、私たちのためにとりなしていてくださるのです。

 8:35 私たちをキリストの愛から引き離すのはだれですか。患難ですか、苦しみですか、迫害ですか、飢えですか、裸ですか、危険ですか、剣ですか。

 8:36 「あなたのために、私たちは一日中、

   死に定められている。

   私たちは、ほふられる羊とみなされた。」

 と書いてあるとおりです。

 8:37 しかし、私たちは、私たちを愛してくださった方によって、これらすべてのことの中にあっても、圧倒的な勝利者となるのです。

 8:38 私はこう確信しています。死も、いのちも、御使いも、権威ある者も、今あるものも、後に来るものも、力ある者も、

 8:39 高さも、深さも、そのほかのどんな被造物も、私たちの主キリスト・イエスにある神の愛から、私たちを引き離すことはできません。

 

 

 1 神が味方である

 

8:31 では、これらのことからどう言えるでしょう。神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。

  パウロがここでいう「これらのこと」とは28-31節でパウロが教えてきた神の救いの計画のことです。予定、召し、義認、栄光を与えるということです。すなわち、神は、一方的な恵みにより、キリストのうちに私たちを地のもといが定められる前に選んでくださいました。そして、この世に私たちを生まれさせると、私たちそれぞれの人生のあるときに聖霊によって新生させて、聞かされた福音を受け入れるように召してくださいました。そして、キリストを信じた私たちを、神様は義である、罪を赦すと宣言してくださり、さらに、私たちを養子として神の家族のうちに迎え入れてくださいました。私たち神の家族は、神の子どもとして、互いに受け容れあい、励ましあいながら、キリストに似た者になるために御霊の実を結んで行く。これがクリスチャン生活、教会生活です。

 「神が私たちの味方であるなら」というのは、仮定ではなくて、現実です。「神が私たちの味方であるなら、現に、神は私たちの味方なのだから・・・」ということです。 神はこれまで説明してきたことからわかるように、永遠の昔から私たちの味方です。いったい誰が私たちに敵対できるでしょう?味方にもいろいろな味方がいるでしょう。頼りにならない味方もいれば、ほどほど頼りになる味方もいる。しかし、神は絶対的な意味で頼りになるお方です。

 なぜそう断言できるでしょう。それは、まず神が無から万物を創造した圧倒的な全能者であるからです。もし頼りにする味方が全能者でなく、弱弱しい者にすぎなければ、「いや、私は君の味方だけれど、今回はサタンの方が強いので負けてしまいましたよ。ごめんなさい。」という情けないことになってしまいます。しかし、私たちの味方である神は全能者です。これほど頼りになるお方はありません。「われは天地の造り主、全能の父なる神を信ず。」です。

 さらに、もし全能者であってもきよく厳格なだけのお方であったならば、罪ある私たちは救われえないでしょう。しかし、全能者は、恵みとまことに満ちたお方です。恵みとは、それを受けるに値しない罪人が神から受ける祝福を意味します。神は破格に気前の良いお方なのです。「まこと」とは、神はご自分が救うと決めたならば、誠実にその約束を果たしてくださるということです。神は実に恵みとまことに満ちたおかたです。それは、御子イエス様の十字架にもっとも明確に表れています。

 8:32 私たちすべてのために、ご自分の御子をさえ惜しまずに死に渡された方が、どうして、御子といっしょにすべてのものを、私たちに恵んでくださらないことがありましょう。

 そうです。神ご自身にとって、これ以上たいせつなものはない尊い御子をさえ惜しまれなかったのです。それほどに私たちを愛し、私たちに気前の良いお方が私たちに味方をしてくださるのです。だとしたら、私たちが信仰者としての生涯をまっとうして行くために必要なものは、どんなものであってもお与えにならないわけがないでしょう。確かに着る物も、食べるものも、飲むものも必要でしょう。しかし、主イエスはおっしゃいました。

「6:28 なぜ着物のことで心配するのですか。野のゆりがどうして育つのか、よくわきまえなさい。働きもせず、紡ぎもしません。

 6:29 しかし、わたしはあなたがたに言います。栄華を窮めたソロモンでさえ、このような花の一つほどにも着飾ってはいませんでした。

 6:30 きょうあっても、あすは炉に投げ込まれる野の草さえ、神はこれほどに装ってくださるのだから、ましてあなたがたに、よくしてくださらないわけがありましょうか。信仰の薄い人たち。

 6:31 そういうわけだから、何を食べるか、何を飲むか、何を着るか、などと言って心配するのはやめなさい。

 6:32 こういうものはみな、異邦人が切に求めているものなのです。しかし、あなたがたの天の父は、それがみなあなたがたに必要であることを知っておられます。

 6:33 だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。食べるものが、家が、着るものが、安全が、様々なものが必要です。」

 御子のいのちを惜しまなかった方が、ほかの何を惜しむというのでしょう。ですから、私たちは神の国とその義を切に求めればよいのです。キリストをこそ、第一に求めればよいのです。あとはおまけでくっついてきます。

 

 2 敵とは?

 

 ところで、パウロがここで意識している、キリスト者を脅かす敵とはだれのこと、何のことなのでしょう。何に関してパウロはクリスチャンの敵を意識しているのでしょう。

 8:33 神に選ばれた人々を訴えるのはだれですか。神が義と認めてくださるのです。

 8:34 罪に定めようとするのはだれですか。死んでくださった方、いや、よみがえられた方であるキリスト・イエスが、神の右の座に着き、私たちのためにとりなしていてくださるのです。

 

 パウロがここで敵対者として意識しているのは、人間ではないようです。敵はクリスチャンを「訴える者、罪に定めようとする者」です。それは、サタンであり、また、ルターの表現で言えば、「悪い良心」です。サタンというのは旧約聖書ヘブライ語ですが、「誹謗する者」「訴える者」という意味のことばです。悪魔と訳されていることばディアボロスも、悪口を言う者という意味です。サタンは、義人ヨブについて、神に訴えたでしょう。「神さま、ヨブはまじめにやっていますが、あれは、あなたがヨブを祝福しているからですよ。あいつから、財産も子どもたちもとりあげてごらんなさい。そうしたら、あなたに背くにきまってますよ。」 それでもヨブが神に背かなかったので、今度は「ヨブは、自分のからだに害が加えられなかったから、あんなかっこいいこと言っているにすぎません。」と訴えました。サタン、悪魔というのは訴える者という意味です。

 宗教改革者マルチン・ルターが聖書を翻訳していたのはヴァルトブルク城ですが、今も残る彼の書斎机の後ろの壁にはインクの染みがついているそうです。それは、彼の心にサタンが「お前の罪はまだゆるされていないぞ」と語りかけた時に、ルターが投げつけたインク瓶が割れてついたシミです。「黙れ、私はキリストの名によって洗礼を受けているのだ」と叫んだそうです。

 では「悪い良心」とはなんでしょうか。良心とは日本語では「良い心」と書くので、話がこんがらがってしまうのですが、良心というのは、善悪を判断する理性の力を意味します。私たちが心の中で、あれは正しい、これは悪いと判断する、その心です。良心というのは必要なものなのですが、時として、分を越えてしまうのです。神の約束のことばを乗り越えて、あなたは有罪だというのです。神のことばは、「主イエスの名を呼ぶ者はだれでも救われる」と約束しています。ところが、悪い良心はおのが分を越えて、「主イエスを信じているとかいっても、お前はなおよこしまなことを繰り返しているだろう。その心は汚されているではないか。お前のような人間のことは、さすがに神のお救いはしないぞ。」というのです。いわば、悪い良心とは、あなたの心にすむ検察官です。その検察官は、神に訴えるのです。こいつは有罪です。イエスを信じて救われるなどと虫の良いことを言っています、と。

 しかし、「死んでくださった方、いや、よみがえられた方であるキリスト・イエスが、神の右の座に着き、私たちのためにとりなしていてくださるのです。」主イエスパウロのためにとりなします。「たしかに、パウロは有罪でした。旧約聖書の教師でありながら、旧約聖書が告げているメシヤであるわたしが世にやって来たのに、それを悟ることもせず、かえって、わたしをを信じる者たちをかたっぱしからとらえては投獄するというとんでもない罪を犯しました。しかし、父よ。わたしは、このパウロのためにも十字架で十分に罪の呪いを受け、そして死にました。そしてよみがえりました。パウロは、悔い改めて私を信じ、あなたの前にすでに義と宣言されたものです。」と。

 パウロのためだけではありません、主イエスは今この時も、父なる神の右にあって、あなたのためにもとりなしていてくださるのです。サタンの訴えも、悪い良心の訴えも、主イエスの熱心で確かな根拠のあるとりなしを前には、退けられてしまいます。

 そもそも、敵が罠に陥れようとしているのは「神に選ばれた人々」なのです。神が、地の基が定める前に、キリストのうちに子とするためにお選びになった人々なのです。神が、お選びになった者をお見捨てになることはありえません。神は真実なお方であるからです。

 

3.圧倒的な勝利者

 

 私たちは、悪魔の訴えからキリストのとりなしのゆえに、守られています。

 次に、パウロは、キリストの福音の伝道者として経験してきた数々の苦難を挙げて、そのいかなる苦しみも、神の愛から私たちを引き離すものはないと断言します。

 8:35 私たちをキリストの愛から引き離すのはだれですか。患難ですか、苦しみですか、迫害ですか、飢えですか、裸ですか、危険ですか、剣ですか。

 8:36 「あなたのために、私たちは一日中、死に定められている。

   私たちは、ほふられる羊とみなされた。」

 と書いてあるとおりです。

 

  実際、パウロユダヤ当局から裏切り者として付け狙われて、ある時には石打ちの刑に処せられたことがありました。しかし、主は彼を立ち上がらせました。また、ガラテヤ教会の異端問題、コリント教会の世俗主義問題に、悩まされたこともありました。ピリピ伝道においては、官憲に捕らえられて投獄されて、足枷をはめられたこともありました。初代教会、古代教会のキリスト者にとっては、キリストを信じることには苦しみ、迫害、飢え、剣がもれなく付録としてついてきたのです。しかし、いかなるものを神の愛から彼を引き離すことはありませんでした。

 8:37 しかし、私たちは、私たちを愛してくださった方によって、これらすべてのことの中にあっても、圧倒的な勝利者となるのです。

 信仰のゆえに捉えられ、鞭うたれ、いのちを奪われることがあったとしても、圧倒的な勝利者なのです。古代のキリスト教会の主にある兄弟姉妹たちはそのキリストへの信仰のゆえに、捕らえられ、処刑されていきました。ネロの時代には、ローマの大火の冤罪によって、大量にキリスト者たちが囚われ処刑されました。しかし、その処刑場で、ローマ人たちが見たのは、死を前にして主を賛美しながら処刑されていくキリスト者たちの神々しいまでの姿でした。「クリスチャンたちは、俺たちのもっていない、知らない特別の真理がある」とローマ人たちは認めないではいられなかったのです。そうして燎原の火のごとく、キリストへの信仰はローマ帝国全土へと広がっていきました。

 弱いように見えて、弱さから輝き出てくる確信と平安と喜びのありさま。彼らこそ、実は、勝利者ではないのか!死に対してさえクリスチャンたちは圧倒的な勝利を獲得しているではないか、とローマ人たちも認めざるを得なかったのです。

 

 さらに、パウロは続けます。

 8:38 私はこう確信しています。死も、いのちも、御使いも、権威ある者も、今あるものも、後に来るものも、力ある者も、

 8:39 高さも、深さも、そのほかのどんな被造物も、私たちの主キリスト・イエスにある神の愛から、私たちを引き離すことはできません。

 

 「どんな被造物も」です!私たちの信じる神は創造主です。創造主は、絶対の主権を被造物に対してもっているのです。ですから、国家であれ、悪魔であれ、天使であれ、そして、死さえも、創造主の愛から私たちを信じるものを奪い取ることは、不可能なことです。これらは単なる被造物にすぎないのですから、創造主に敵対することなどできないのです。

 

むすび

 この8章の終わりの、神の愛の圧倒的な賛美をもって、ローマ書は第一部を閉じます。神は世界の基の置かれるまえに、キリストのうちに私たちを選び、時いたって、それぞれに福音の宣教と聖霊の内的呼びかけによって私たちを新生させ、主イエスを救い主と信じる信仰告白へと導いてくださいました。そして、キリストを信じた私たちを神は義であると宣言して、子どもとしてくださったのです。神の子どもとされた私たちは、遣わされたこの世界で私たちは誘惑や迫害を経験するものですが、しかし、いかなる迫害も苦難もたかだか被造物のしわざにすぎないのです。無から万物を造られた全能の父の敵ではありません。私たちは、サタンからもあらゆる苦難からも、神の愛によってがっちり守られています。

 ハレルヤ、主よ感謝します。