水草牧師の説教庫

聖書からのメッセージの倉庫です

出エジプト記

父母を敬え

出エジプト20:12 「あなたの父と母を敬え。あなたの神、主が与えようとしているその土地で、あなたの日々が長く続くようにするためである。」出エジプト20:12 1 二つの愛の戒めの関係 (1)二つの愛の戒め 「すべての命令の中で、どれが一番たいせつ…

安息日の目的

出エジプト記20:8‐11 8**,安息日を覚えて、これを聖なるものとせよ。** 9**,六日間働いて、あなたのすべての仕事をせよ。** 10**,七日目は、あなたの神、主の安息である。あなたはいかなる仕事もしてはならない。あなたも、あなたの息子や娘も、それにあなた…

唯一の神

出エジプト20章1-3節 1**,それから神は次のすべてのことばを告げられた。** 2**,「わたしは、あなたをエジプトの地、奴隷の家から導き出したあなたの神、主である。** 3**,あなたには、わたし以外に、ほかの神があってはならない。** 1 区切りなど エジプ…

王である祭司、聖なる国民

Ex19章1-6節 1.序 エジプトを出たのが第一の月のついたち。それから二ヶ月がたち、第三の月のついたちにモーセとイスラエル人はシナイの荒野にはいりました。そして、先に神様がモーセに啓示をお与えになってモーセを召し出された山、シナイ山(別名ホレブ…

十戒:礼拝の原則

出エジプト記20章2‐17節 2019年4月7日 苫小牧主日礼拝 序 十戒の序文 2節「わたしは、あなたをエジプトの地、奴隷の家から導き出したあなたの神、主である。」は十戒の序文です。アブラハムの子孫であるイスラエルの民は、エジプトに430年間も過ごしていまし…

契約の神

Ex6 2019年3月10日 夕礼拝 主の召しを受けても、さんざん躊躇していたモーセですが、主に兄アロンをスポークスマンとして付けるから大丈夫だと説得されて、ファラオのもとへと行きました。しかし、前回みたように、派遣された当初、モーセは神のことばを…

神の価値観、この世の価値観

出エジプト5章 2019年2月28日 苫小牧夕拝 1 モーセはまだ怖がっていた イスラエルの民に、神のみ旨を告げたところ、彼らは先祖アブラハムへの契約をおぼえていてくださり、彼らを顧みてくださった神に礼拝をささげました。そして、いよいよモーセはパロのと…

意外な出来事も

使徒4:18-31 2019年2月24日 苫小牧主日 夕礼拝 4:18 それで、モーセはしゅうとのイテロのもとに帰り、彼に言った。「どうか私をエジプトにいる親類のもとに帰らせ、彼らがまだ生きながらえているかどうか見させてください。」イテロはモーセに「安心…

奉仕への召しと備え

Ex4。1-17 荒野で羊を数十年間飼う生活をして、すでに80歳を迎えていたモーセでしたが、心身共に強壮ではありました。この日もミデヤンの荒野を草を求めて羊を追ってきたところで、主とお会いしたのでした。燃えても燃え尽きない柴の木に主は臨在を表…

神のご計画とその実現

Ex3:15-22 2019年2月10日 苫小牧夕礼拝 3:15 神はさらにモーセに仰せられた。「イスラエル人に言え。 あなたがたの父祖の神、アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神、【主】が、私をあなたがたのところに遣わされた、と言え。 これが永遠にわたしの名、こ…

荒野にて

Ex2:11-22 2019年1月20日 苫小牧夕礼拝 2:11 こうして日がたち、モーセがおとなになったとき、彼は同胞のところへ出て行き、その苦役を見た。そのとき、自分の同胞であるひとりのヘブル人を、あるエジプト人が打っているのを見た。 2:12 あたりを見回し、ほ…

モーセ誕生と神の配剤

出エジプト1:22-2:10 (エジプト脱出の時期を15世紀頃とする前期説に基づいてお話します。) 1 歴史的背景 紀元前15世紀半ば、イスラエルの民は奴隷とされていたエジプトから脱出を果たします。その指導者モーセはどのようにして誕生し、育てられたのでしょ…

神を畏れて生きよ

出エジプト記1章1-22節 1.へブル人の危機 本日から出エジプト記を味わいます。アブラハムがおよそ紀元前2000年の人で、その息子イサク、孫ヤコブと続き、ヤコブの時代に一族はエジプトへと下ります。それが1800年頃のことです。その時代からおよそ400年後…

全能の神(考古学シリーズ5)

出エジプト14:1−31 序 映画「十戒」でたいへん有名な、イスラエルの民が「葦の海」を渡ったという記事にかんして。考古学的発見との関連で言いますと、このテーマに関してはシナイ山(別名ホレブ山)の位置とイスラエルの民が渉った葦の海の位置をセットにして説…

勇敢な女たち(考古学シリーズ3)

出エジプト1:22-2:10 2018年8月19日 苫小牧福音教会 本日は、旧約聖書という書物が、どれほど歴史に根差した、不思議な神様のおことばであるかということをまず学びます。神が展開される歴史の中で、人はどのように用いられていくのでしょうか。私たちも…