Miz牧師の説教庫

聖書からのメッセージの倉庫です

マルコ福音書

前兆

Mk13:3-27 序 弟子たちがヘロデ大王の立てた神殿の巨石に目を奪われているのに対して、主イエスは「この大きな建物を見ているのですが。石が崩されずに、積まれたまま残ることは決してないよ。」と、おっしゃいました。弟子たちはギョッとします。…

神の目に価値あるささげ物

12:41 それから、イエスは献金箱に向かってすわり、人々が献金箱へ金を投げ入れる様子を見ておられた。多くの金持ちが大金を投げ入れていた。 12:42 そこへひとりの貧しいやもめが来て、レプタ銅貨を二つ投げ入れた。それは一コドラントに当たる。 12:43 す…

神の国から遠くない 人  

マルコ12:28-34 12:28 律法学者がひとり来て、その議論を聞いていたが、イエスがみごとに答えられたのを知って、イエスに尋ねた。「すべての命令の中で、どれが一番たいせつですか。」 12:29 イエスは答えられた。「一番たいせつなのはこれです。『…

 聖書と神の力と

Mk12:18-27 2017年7月1日 苫小牧主日礼拝 12:18 また、復活はないと主張していたサドカイ人たちが、イエスのところに来て、質問した。 12:19 「先生。モーセは私たちのためにこう書いています。『もし、兄が死んで妻をあとに残し、しかも子がない場…

神のものは神に

マルコ12:13-17 2017年6月25日 苫小牧主日礼拝 1 背景 イエス様がエルサレムに入ると、つぎつぎに宗教家たちが論争を挑んできました。イエス様に難問をふっかけて、公衆の面前で立ち往生させてやれば、イエスの人気も衰えてしまうだろうと考えていたのでし…

神のぶどう園

マルコ12:1-12 2017年6月11日 苫小牧 序 「何の権威でもって、あなたはこんなことをしているのか?」エルサレムに入城し、イエス様が宮きよめをし、宮の中で民を教えていることに対して、宮の管理責任者である祭司長・長老たちは抗議をしました。主は、彼ら…

力ある祈りとその妨げ

マルコ11:20-25 2017年4月30日 苫小牧 11:20 朝早く、通りがかりに見ると、いちじくの木が根まで枯れていた。 11:21 ペテロは思い出して、イエスに言った。「先生。ご覧なさい。あなたののろわれたいちじくの木が枯れました。」 11:22 イエスは答えて言われ…

呪われたいちじく

Mk11:12-20 11:12 翌日、彼らがベタニヤを出たとき、イエスは空腹を覚えられた。 11:13 葉の茂ったいちじくの木が遠くに見えたので、それに何かありはしないかと見に行かれたが、そこに来ると、葉のほかは何もないのに気づかれた。いちじくのなる…

平和の王

マルコ11:1-11 2017年4月2日 苫小牧 11:1 さて、彼らがエルサレムの近くに来て、オリーブ山のふもとのベテパゲとベタニヤに近づいたとき、イエスはふたりの弟子を使いに出して、 11:2 言われた。「向こうの村へ行きなさい。村に入るとすぐ、まだだれも乗っ…

求めなさい

マルコ10:46-52 2017年3月26日 苫小牧主日朝 10:46 彼らはエリコに来た。イエスが、弟子たちや多くの群衆といっしょにエリコを出られると、テマイの子のバルテマイという盲人の物ごいが、道ばたにすわっていた。 10:47 ところが、ナザレのイエスだと…