Miz牧師の説教庫

聖書からのメッセージの倉庫です

万事相働きて益となる

ロマ8:28-30 2018年7月15日 苫小牧主日伝道礼拝 「 8:28 神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。 8:29 なぜなら、神は、あらかじめ知っておられる人…

父の期待に応えて

ローマ8:17-25 父の期待に応えて 相続人 8:17 もし子どもであるなら、相続人でもあります。私たちがキリストと、栄光をともに受けるために苦難をともにしているなら、私たちは神の相続人であり、キリストとの共同相続人であります。 8:18 今の時のいろいろ…

神の子どもとして

ローマ8:12-16 8:12 ですから、兄弟たち。私たちは、肉に従って歩む責任を、肉に対して負ってはいません。 8:13 もし肉に従って生きるなら、あなたがたは死ぬのです。しかし、もし御霊によって、からだの行いを殺すなら、あなたがたは生きるのです。 8:14 …

老後を賢く生きる

老後を賢く生きる 南牧村老人会 19990525 はじめに 三年前から、家の近くに小さな畑を借りて、いろんな種をまいてお百姓のまねごとをしています。けれど、なにしろ経験がありません。今年四月なかば、ねぎを植えました。土を一杯かけてやれば元気だ…

神が彼を取られたので

創世記5章 2018年6月14日 HBI 序 聖書にはあちらこちらに系図が出てきます。系図を通して神様は何を教えようとしていらっしゃるかは、その特徴に着目することによってわかります。 1.アダムからノアにいたる 創世記5章の系図の特徴の一番目は、アダムから…

   活かされて生きる-いのちの御霊の法則― 

Rom7:7-8:11 1.肉が問題である・・・肉が問題であることに気づかないことが多い 本日の本文には、「肉」とか「肉的」ということばが何度も出てきます。8章5、6,8節 5,肉に従う者は肉に属することを考えますが、御霊に従う者は御霊に属することを考えます…

神の民と地の民

創世記4:16-26 2018年5月17日 HBIチャペル ここ4章16節から26節には、二つの民の歩みが記されています。一つは16節から24節までに書かれている神に背を向けて去ったカインとその子孫の一族です。これをカイン族と呼ぶことにします。もうひとつは、25,…

律法から解放されて

ローマ書7章 1-13節 2018年5月13日朝拝説教 序 ローマ人への手紙は、6章では「罪からの解放」ということがテーマでした。「私はもはや罪の奴隷ではない、神の奴隷である」という自覚的な信仰が大事なことを学びました。まあ、わかりやすい話だと思います。…

恩寵のみ・信仰のみ・聖書のみ

ローマ1:16,17、3:19-24 恩寵のみ・信仰のみ・聖書のみ 2017年9月23日 JECA北海道聖会 第1回メッセージ はじめに ご紹介にあずかりました、日本同盟キリスト教団苫小牧福音教会牧師水草修治と申します。このたびは、この宗教改革500年の記念の年、皆さ…

ただ神にのみ栄光を(Soli Deo Gloria)

2列王22章 2017年9月 JECA北海道 第2回目メッセージ 宗教改革のスローガンといえば、まずは、ドイツの宗教改革では、「Sola Scriptura、聖書のみ」「Sola Gratia恵みのみ」「Sola Fide信仰のみ」です。スイスの宗教改革は、それに加えて、「Soli Deo Gloria…

高い地位にある人々のために祈る

2:1 そこで、まず初めに、このことを勧めます。すべての人のために、また王とすべての高い地位にある人たちのために願い、祈り、とりなし、感謝がささげられるようにしなさい。 2:2 それは、私たちが敬虔に、また、威厳をもって、平安で静かな一生を過ごすた…

愛とタラント

マタイ25:14-30、1コリント13:1-3 2018年5月 特別会議MBC 私たちは、主の再臨を生きている間にお迎えするにせよ、あるいは、再臨の前に肉体の死という形で、主の前に立つにせよ、主の前にこの世における奉仕の生涯に関して収支報告をすべきときがやってきま…

過去・現在・未来

ロマ5:1-11 5:1 ですから、信仰によって義と認められた(過去)私たちは、私たちの主イエス・キリストによって、神との平和を持っています(現在)。 5:2 またキリストによって、いま私たちの立っているこの恵みに信仰によって導き入れられた私たちは…

カインとアベル――聖書的礼拝の根本原則

創世記4:1-7 2018年4月19日 HBIチャペル 4:1 人は、その妻エバを知った。彼女はみごもってカインを産み、「私は、【主】によってひとりの男子を得た」と言った。 4:2 彼女は、それからまた、弟アベルを産んだ。アベルは羊を飼う者となり、カインは土を耕す者…

恵みと信仰によって

ロマ4:1-12 4:1 それでは、肉による私たちの父祖アブラハムの場合は、どうでしょうか。 4:2 もしアブラハムが行いによって義と認められたのなら、彼は誇ることができます。しかし、神の御前では、そうではありません。 4:3 聖書は何と言っていますか。…

神の正義の証明

ロマ3:25-31 2018年3月25日 受難週主日 3:25 神は、キリスト・イエスを、その血による、また信仰による、なだめの供え物として、公にお示しになりました。それは、ご自身の義を現すためです。というのは、今までに犯されて来た罪を神の忍耐をもって見…

あなたの救いのため

ローマ3:19-26 序 神(創造主)の実在 私は千鳥幼稚園という教会付属の幼稚園にかよっていました。そのころはぼんやりとですが、「神様はおるんやろうな」と思っていたような気がします。けれども、卒園後は全く教会には通わなくなって、中学生のころには…

義人はいない、一人もいない

ローマ3:1-18 パウロはキリストの福音を語るに当たって、初めに罪人に対して神の怒りが啓示されているのだと述べました。そして、神の前には律法を持たない異邦人も、律法を持っているユダヤ人も罪があるのだと語ってきました。神の聖なる怒りは、異邦…

心の割礼

ローマ2:17-3:2 1.ユダヤ主義者の偽善 昔、保健体育の授業のなかで水難救助の話を聞いたことがあります。だれかが池でおぼれて「助けて―!」と叫びながらアップアップと暴れているのを見つけても、すぐに飛び込んで助けようとしてはいけないというので…

さあ、主の家に!

詩篇122 都上りの歌。ダビデによる 122:1 人々が私に、 「さあ、【主】の家に行こう」と言ったとき、私は喜んだ。 122:2 エルサレムよ。私たちの足は、おまえの門のうちに立っている。 122:3 エルサレム、それは、よくまとめられた町として建てられている…

道・真理・いのち

ヨハネ14:1-7 14:1 「あなたがたは心を騒がしてはなりません。神を信じ、またわたしを信じなさい。 14:2 わたしの父の家には、住まいがたくさんあります。もしなかったら、あなたがたに言っておいたでしょう。あなたがたのために、わたしは場所を備えに行…

造り主に帰れ

ローマ1:18-32 1:18 というのは、不義をもって真理をはばんでいる人々のあらゆる不敬虔と不正に対して、神の怒りが天から啓示されているからです。 1:19 それゆえ、神について知られることは、彼らに明らかです。それは神が明らかにされたのです。 1:…

福音は神の力

ロマ1:16-172018年1月21日 主日伝道礼拝 1:16 私は福音を恥とは思いません。福音は、ユダヤ人をはじめギリシヤ人にも、信じるすべての人にとって、救いを得させる神の力です。 1:17 なぜなら、福音のうちには神の義が啓示されていて、その義は、信仰…

魂への負債

ローマ1:8-15 魂への負債 1 感謝1:8 まず第一に、あなたがたすべてのために、私はイエス・キリストによって私の神に感謝します。それは、あなたがたの信仰が全世界に言い伝えられているからです。 手紙の冒頭自己紹介のあと、使徒パウロは神に感謝を…

愛の奇跡

マタイ1:18-25 2017年12月24日 イブ礼拝 1.神の愛の奇跡――受肉 19世紀、デンマークにキルケゴールという哲学者がおりました。彼は著書の中でひとつのたとえ話をしています。ある国の王様が、領内を視察していたときに、ふと見かけた庶民の一人の娘…

蓮の花のように

Mt1章1節から17節 2017年12月24日 苫小牧クリスマス礼拝 はじめて新約聖書を読もうとして、日本人なら誰もが最初に面食らうのは、この巻頭の「イエス・キリストの系図」でしょう。しかし、韓国の人たちはさほど驚かないでしょう。殉教者チュ・キチョル牧師の…

復活

マルコ16:1-8、ルカ24:36-43 はじめに キリスト教の祭りといえば、クリスマスとイースターというのは聞いたことがおありだと思いますが、イースターは復活節のことで、これは春に行われます。ですが、実は、日曜礼拝は毎週復活節なのです。なぜなら、キ…

詩篇10篇   悪者が栄えて

詩篇10編 悪者が栄えて 1 悪者のふるまい 人に対し 10:1 【主】よ。なぜ、あなたは遠く離れてお立ちなのですか。 苦しみのときに、なぜ、身を隠されるのですか。 詩人はいきなり、主に対して叫びます。彼は悪者がやりたい放題にふるまっている現状を前に…

キリストとともに葬られる

マルコ15:39-47 15:39 イエスの正面に立っていた百人隊長は、イエスがこのように息を引き取られたのを見て、「この方はまことに神の子であった」と言った。 15:40 また、遠くのほうから見ていた女たちもいた。その中にマグダラのマリヤと、小ヤコブとヨセ…

小さくかつ偉大な者  

詩篇8篇 2017年12月3日 8:1 私たちの主、【主】よ。 あなたの御名は全地にわたり、 なんと力強いことでしょう。 あなたのご威光は天でたたえられています。 8:2 あなたは幼子と乳飲み子たちの口によって、 力を打ち建てられました。 それは、あなたに敵対す…